始めに

Q&A

最新設備

最新技術

美容歯科

ホワイトニング

レーザー治療

インプラント治療

笑気吸入鎮静法

痛みの少ない治療

診療案内

リンク集

あおやぎオーラルクリニック・トップページ
レーザー治療

    接触照射でより正確に、安全に
窩洞形成
レジン充テンが可能な窩洞形成ができます
充テン操作が簡素化されます
歯石の除去
不快な音や振動が少なく歯石の除去ができます
腫脹、発赤、ポケット深さなどを改善します
軟組織の切開
歯肉切開(歯周炎、歯肉炎、歯肉増殖症など)や小帯切除などでは、症例により、麻酔がいらない場合もあります。メスに比べて出血も少なく、非接触照射で止血の効果があります。
炭化層は発生しません。

Er:YAGレーザーのエネルギーは
歯質の水分にいちばんよく消費され、
ハイドレーションセルの気化によって
切削圧も微小で
痛みが非常に少ない
歯の切削ができます。



今までの歯科治療とは全く違う!

”レーザ治療なら、もう痛くない、つらくない”
歯医者嫌いの子供達におすすめしたい「レーザー治療」

歯周病の治療
 放置しておくと歯が抜けてしまう歯周病には歯肉の切開や歯肉のポケットへの殺菌、
消毒をレーザーで行います。
痛みや出血も少なく、回復も早いのがレーザー治療の特徴です。

色素定着の除去
 歯肉の表面をレーザー治療すると痛みも少なく黒ずんだ色素を取り去ることができます。

切開手術
 レーザーでの切開は、痛みや出血も少なく殺菌、消毒、消炎効果により回復も早く、
抗生物質や鎮痛剤の使用を抑えることができます。

口内炎の治療
 痛みを伴う口内炎もレーザー治療で鎮痛、消炎効果が得られます

虫歯の治療と予防にも
 レーザー治療は、歯の表面を硬化させる力をもっています。
また、耐酸性も強まり、虫歯になりにくい歯を作ります。

レーザー治療ってどんなもの?
A:
痛みの少ない治療を目指して、歯科治療にレーザー装置が数多く使用されるようになってきました。その装置も数種類ありますが、中でもEr:YAG(工ルピウムヤグ)レーザーは、生体組織の水分に対する反応(蒸散能力)が高く、発熱が少なく、表面の黒焦げや周囲の組織への影響がほとんどありませんので、安全性の高いレーザー装置といわれています。また、治療時には、虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。
Er:YAGレーザーの治療は?
A:
●不快な「キイーン」という音がありません
●「ガリガリ」という振動がありません
●ほとんどの治療が麻酔なしでできます
●菌を駆除する効果があり治療後の経過が良好です

レーザーは、どんな治療に使うの?
A:●虫歯
虫歯菌に感染した悪いところだけを取り除いて、健全な部分をできるだけ残す治療ができます。麻酔注射なしでも痛みを感じることはほとんどなく、切削音や振動もわずかです。時に、子供の虫歯や歯くき付近の虫歯に有効です。

A:●歯石の除去(歯周病治療)
歯槽膿漏(しそうのうろう)など歯くきの病気の原因となる、歯と歯ぐきの間に付着している歯石を崩壊して、同時に細菌を駆除し歯ぐきの病気の予防と治療をします。(歯周病治療)この治療時、痛みや出血はほとんどありません。

A:●歯槽膿漏
レーザー光を照射することにより、歯肉の内面をきれいにし、歯周病細菌を死滅させ、歯ブラシを正しく使うことにより病気を回復させます。

術前

術後

A:●歯肉の切開や切除など
歯ぐきなどの悪くなっている部分を切り取ったり、切開したりする場合も痛みがほとんどなく、早くキレイに治ります。
歯肉切除

術前


術後
小帯切除

術前


術後

A:●歯ぐきの黒ずみ
メラニン色素の黒ずみも、数回のレーザー照射できれいな、ピンク色の歯ぐきになります。

術前

術後

A:●口内炎、アフター、口角炎
ほとんど、1〜2回の治療で完治します。

術前

術後

あおやぎオーラルクリニック